入出力インターフェースとは 種類と特徴【IT基礎知識】

USB IT基礎知識

入出力インターフェースとは

入出力インターフェースとは、コンピュータと周辺機器をつなぐために定められている規格のことです。

入出力インターフェースの規格は例えば、ケーブルの種類、ケーブルの中を通過する信号のパターン、ケーブルの差込口の形等様々が定められています。

この規格のおかげで、メーカが違う機器を相互に使用できたり、用途が異なる機器も同じケーブルを強要できたりといったことが可能になっています。

入出力インターフェースの種類

入出力インターフェースは、データの転送方法によってパラレルインタフェースとシリアルインターフェースの2種類があります。

パラレルインターフェース

パラレルインタフェースは複数の信号を同時に送信します。

パラレルは日本語で並列という意味なので、同時に並行データが流れていくイメージです。

以前は複数の信号を1度で送信できるパラレルインタフェースが高速とされていましたが、

パラレルインタフェース方式:規格の例

IDE(Integrated Drive Electronic)

内蔵用のハードディスクを接続するためのインタフェースです。

以前はハードディスクの接続数は最大2台でしたが、その後CD-ROMドライブなどの接続に対応したEIDE(Enhanced IDE)が拡張されました。EIDEは最大4台までのハードディスクやCD-ROMを接続することができます。

 

SCSI(Small Computer System Interface, スカジー)

こちらもハードディスクを接続するためのインタフェースで、デイジーチェーンという数珠つなぎで機器をつないでいく方法です。

CD-ROM、MOドライブ、イメージスキャナ等多種の周辺機器を接続することができます。

最大接続台数は8台、終端にはターミネータという終端抵抗を接続します。

 

 

高速化がすすめられた現在の仕様では信号同士のタイミングをとることが難しくなり、次に紹介するシリアルインタフェースが主流となっています。

シリアルインタフェース

シリアルインターフェース複数の信号を1つに連続して送信していきます。

シリアルインターフェースの代表格がUSBとIEEE1394で、

USBは現在最も主流の規格として使用されています。

シリアルインタフェース方式:規格の例

USB(Universal Serial Bus)

パソコンと周辺機器をつなぐ現在の最も標準的なインターフェースです。

汎用性を樹脂した規格で、キーボード、マウス、スキャナ、プリンタの入出力装置、外付けハードディスクの補助記憶装置等々、多くの機器で利用できるようになっています。

IEEE1394(アイトリプルイー1394)

こちらは、主にハードディスクレコーダなどの情報家電、

デジタルビデオカメラ等の機器に使用されているインターフェースです。

無線インタフェース

周辺機器との接続にケーブルを利用しない無線で通信するタイプの方式です。

無線インターフェース方式:規格の例

IrDA(Infrared Data Association)

赤外線を使って無線通信を行う規格の事です。
Infraredは「赤外線の」という意味です。

主に携帯電話、ノートパソコン等に使われています。

通信距離は1メートル以内、
障害物には弱く、障害物があると通信できないという特徴があります。

Bluethooth

2.4GHzの電波を使用して無線通信を行う規格のことです。

主に、携帯電話、ノートパソコン、キーボード、マウス、プリンタ等多くの端末に使用されています。

通信距離は10メートル以内、
障害物に強く、障害物があっても問題なく使用できるという特徴があります。

まとめ

入出力インターフェースはパラレルとシリアルの方式があり、さらにパラレルインタフェースにはIDE,SCSI、シリアルインタフェースにはUSB,IEEE1394という規格の種類があるということがお分かりいただけたでしょうか。

以上、入出力インターフェースの解説でした(^^)

 

 

タイトルとURLをコピーしました