割込み処理とは【IT基礎用語】初心者でもすぐわかる!

プロセッサ IT基礎知識

割り込み処理(interrupt processing)とは

割込み処理とは、実行中のタスクを中断して別の処理に切り替え、その処置が終了することまた元のタスクを実行する仕組みのことです。

割り込み処理には、内部割込み外部割込みの2つの種類があります。
以下でその種類と割込みが起こる条件について説明します。

内部割込み

内部割込みは実行中であるプログラムが原因で起こる割込みのことです。

以下内部割込みの種類と割込みが起こる条件に付いて説明します。

プログラム割込み

  • 仮想記憶にないページのアクセス
  • 桁あふれ、0による除算
  • 書き込みではない主記憶装置に書き込みを行った場合

SVC(Super Visor Call)

  • 入出処理の要求
  • カーネルの呼び出し命令が発生した場合

外部割込み

外部割込みプログラミング以外の外部要因が原因で発生する割込みのことです。

以下外部割込みの種類と割込みが起こる条件についての説明です。

入出力割込み

  • 入出力装置の動作が完了、中断したとき

機械チェック割込み

  • 電源の異常時
  • 主記憶装置の障害発生時

まとめ

割込み処理とは、実行中のタスクを中断して別の処理に切り替え、処置が終了すると元のタスクを実行する仕組みのことで、内部と外部による原因の割込みがあるということがお分かり頂けたでしょうか。

以上、解説はここまでです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました