PPMとは【経営戦略】分かりやすく解説

企業戦略 Uncategorized

 

PPM(Product Portfolio Management)分析とは

既存の組織の構造や業務プロセスを分析し、適切な資源配分をする分析する手法のことです。

PPMは以下のような表で表現されます。

PPM
縦軸と横軸に「市場成長率」と「市場占有率」を設定し、四つの象限に区分します。

4つの象限の解説

花形(star)

<成長率:高、占有率:高>
成長に伴って占有率の維持をするために多額の資金の投入が必要です

金のなる木(cash cow)

<成長率:低、占有率:高>
市場の成長がないので追加の投資は必要としません。市場占有率が高いので、安定した資金や利益が期待できます。

問題児(problem child)

<成長率:高、占有率:低>
花形製品とするために多額の投資が必要です。投資が失敗し、成長率が下がれば負け犬になってしまうので投資は慎重にする必要があります。

負け犬(dog)

<成長率:低、占有率:低>
新たな投資による利益増加が見込めないので、市場からの撤退を考える必要があります。

タイトルとURLをコピーしました