【Python入門辞典】初心者Python独学サイト|プログラミングを始めよう!

Pytohon IT基礎知識
数値データに変換する関数「int」の説明をするよ

 

【int】数値データに変換

文字データを数値データに変換するときに使用します。

文法

int(数字データに変換したいデータ、変数名)

コード例

1 indata = input (“数を入力”)
2    inkazu = int(indata)
3 kazu = 5
4 kasan = inkazu + kazu
5 print(kasan)

実行結果

数を入力10
15

 

 

注意
intで数値化させても、再びprintで文字列と数値化させたデータを連結させることはできません。例題の5列目「合計は」と「です」は文字データ、「kasan」は数値なのでエラーになります。

エラーになるコード例

1 indata = input (“数を入力”)
2 inkazu = int(indata)
3 kazu = 5
4 kasan = inkazu + kazu
5 print(“合計は” + kasan+“です”)

実行結果

!エラー!

 

 

 

文字と数字を合わせる方法はないの?

 

あるよ!下で紹介します

 

 

文字と数値を連結する方法

+の代わりに、「」を使うことで連結することができます。

コード例

1 indata = input (“数を入力”)
2    inkazu = int(indata)
3 kazu = 5
4 kasan = inkazu + kazu
5 print(“合計は” ,kasan,“です”)

実行結果

数を入力10
合計は 15 です

「,」で入力した部分は、実行結果では空白になります。

タイトルとURLをコピーしました