【Python入門辞典】初心者Python独学サイト|プログラミングを始めよう!

Pytohon Uncategorized
文字列分割する関数「split/ splitlines」の説明をするよ

 

【split】

splitは対象の文字を分割する関数です。

文法(1)

変数名. split(“分割の区切り文字”)

 

コード例(1)

1text = “print, 出力関数”
2cnt , value = text.split(“,”)
3print(cnt +“は”+ value“です”)

実行結果(1)

printは出力関数です。

 

<リストに文字を入れる場合>

文法(2)

変数名. split(“分割の区切り文字”)

コード例(2)

1 text = “print, input, str”
2 a_list = text.split(“,”)
3 print (a_list)

実行結果(4)

[“print”,”input”,”str”]

リストをprintで画面表示させた場合[ ]で表示されます。
改行は「¥n」で表します。

【splitlines】

splitlinesは改行位置で文字列を分割する関数です。

文法

変数名. splitlines()

 

コード例(1)

1 text = “print\ninput\nstr”
2 a_list = text.splitlines()
3 print (a_list)

実行結果(1)

[“print”,” input”,” str”]

パソコンによって、の代わりにバックスラッシュを使用することもあります。

 

 

 

コード例(2)

1 text = “print\ninput\nstr”
2 a_list = text.splitlines(“\n”)
3 print (a_list)

 

コード(3)

1 text = “print\ninput\nstr”
2 a_list = text.splitlines()
3 print (a_list)

実行結果 (2) (3)

[“print”,” input”,” str”]

 

コード例(2)(3)はどちらも同じ出力結果になり、処理上問題はありません。
しかし、コンピュータにより改行コードが違うので、「¥n」以外の改行記号を使用するコンピュータではエラーになる可能性があります。
その為行単位で分割する場合はsplitlinesを使用することをおすすめします。
タイトルとURLをコピーしました