【Python入門辞典】ローカル変数|初心者Python独学サイト|プログラミングを始めよう!

Pytohon IT基礎知識

 

ローカル変数の解説をするよ

 

ローカル変数

文法

def 関数名():
実行したい処理

コード例

1 def sample():
2     cmt = “関数内“
3     print(“関数内で表示:”, cmt)

5cmt = “関数外”
6sample()
7print(“関数外で表示:”, cmt)

実行結果

関数内で表示:関数内
関数外で表示:関数外

2行目と5行目の変数「cmt」はそれぞれ全く別のものとして処理されます。
このように関数内で定義した変数は関数外では利用できない仕組みになっています。この関数内だけで有効な変数をローカル変数といいます。

 

コード例

1def sample():
2cmt = “関数内“
3  print(“関数内で表示:”, cmt)

cmt = “関数外”
6sample()
7print(“関数外で表示:”, cmt)

実行結果

関数内で表示:関数内
!エラー!

例題のように5行目で定義した変数を削除すると関数外に変数の存在がなくなるのでエラーになります。
タイトルとURLをコピーしました