RASISとは【信頼性 可用性 保守性 保全性 機密性】初心者でもすぐわかる!IT基礎知識

信頼 IT基礎知識

 

RASISシステムの信頼性を評価する概念のことです。

R:Reliability(信頼性)

システムが正常に稼働している状態のこと。
この指標を表すために用いるのが平均故障時間(MTBF)です。

A:Availability(可用性)

必要な時にいつでも利用可能な状態であること。
指標地は稼働率を用います。

S:Serviceability(保守性)

故障発生時、発見・修復が素早くできる状態のこと。
指標は平均修理時間(MTTR)を用います。

I:Integrity(保全性)

誤作動がなくデータの完全性が保持される状態のこと。

S:Security(安全性or機密性)

不正利用を防止し、システムが保護されている状態のこと。

タイトルとURLをコピーしました