ライトスルー方式・ライトバック方式とは|特徴と違いを解説【IT基礎知識】

メモリ IT基礎知識

キャッシュメモリは読み出しと書き込み両方の処理を行います。
書き込みをした際は、主記憶装置にデータを渡すという処理が必要になります。
そこで使う方式がライトスルー方式ライトバック方式です。

以下2つの方式について解説していきます。

ライトスルー方式

ライトスルー方式は、キャッシュメモリに書き込みを行う際、同時に主記憶装置にも書き込みを行う方式です。

高速化の面では効率が落ちますが、データの内容が必ず合うという整合性の保証が高いです。

ライトバック方式

ライトバック方式キャッシュメモリに書き込みを行う際、主記憶装置へデータを渡さない方式です。

普段はキャッシュにのみデータの書き込みを行い、キャッシュメモリの格納スペースがなくなる際に主記憶装置に書き戻し、更新した内容を反映させる仕組みです。

高速化を実現することが出来ますが、制御が複雑になります。

ライトスルー方式・ライトバック方式で使う用語

ヒット率

ヒット率とは得たいデータがキャッシュメモリに入っている確率の事です。
残りの確率(1-ヒット率)がキャッシュメモリにデータがなく、主記憶装置にデータを読みに行く確率となります。

アクセス時間

アクセス時間とは、CPUが記憶装置にデータの書き込み、読み出しを行う際必要な時間です。

① キャッシュメモリのアクセス時間×ヒット率
② 主記憶装置のアクセス時間×(1-ヒット率)
①+②=実効アクセス時間
タイトルとURLをコピーしました