タスク管理とは【IT基礎知識】初心者でもすぐわかる!

タスク管理 IT基礎知識

IT分野におけるタスク管理についての解説をします。

タスク管理とは

タスク管理とは、実行したい処理をタスクという単位に細分化し、優先度に応じて処理していく手法です。

ジョブ管理でジョブステップに分解された後、CPUが実行する単位であるタスクが生成されます。

そもそもジョブ管理とは?という方はこちらで詳しく解説しています。

より理解を深めたい方はぜひお読みください(^^)

タスクについて

タスクCPUが処理する実行中のプログラムのことです。

例えば、「アプリを起動するためにアイコンをクリックして起動される」「コンピュータでコマンドを打ち込み実行される」「プログラムがロードされて実行状態になる」ときの状態です。

タスクの状態遷移

タスクにはそれぞれ優先度がついています。その為、優先度の異なるタスク同士が効率的に処理されるために次の3つ状態になっています。

タスクの状態遷移

実行可能状態

いつでも命令を実行をすることができる状態
生成直後のタスクは常にこの状態です。CPUの待ち行列に並びCPUの使用権を待っています。

実行状態

CPUの使用権が与えられ実際に命令を実行している状態

待機状態

入出力処理が発生し、その処理を待機している状態

 

なお、待機状態から直接実行状態に遷移することはできません。
待機状態から実行状態に遷移するためには1度実行可能状態になる必要があります。

まとめ

タスク管理は、実行したい処理をタスクに細分化し、優先度に応じて処理していく手法のことでした。

タスク管理について少しは理解が深まったでしょうか。

以上の解説の解説はここまでです(^^)

タイトルとURLをコピーしました